2011-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.19 (Sun)

歌ってみたのケロケロmixについて

歌ってみたのケロケロmixについて解説しますヾ(*´ー`*)ノ゛

この記事の対象はこんな感じの人です。
・既にmix作業をしたことがあり、一通りの用語、道具の使い方はわかる
・ケロケロしてみたことはあるけどなんかうまくいかない

正直よくわからんかったって人はこちらへどうぞヾ(*´ー`*)ノ゛
http://homepage2.nifty.com/nori-no_dtm-seikatsu/prod/mix/index.htm

私がミックスを始めたときに大変お世話になりました。


さて、ケロケロなmixについてですが、こんな経験はないでしょうか
「ケロケロしようとしたのにガラガラする」
「音が震えてケロケロってレベルじゃねえ」
今回の記事は主にこれの修正です。

ソフトにもよると思いますが、ケロケロの基本原理をおさらいしましょう。

そもそもケロケロとは、
・自然なゆらぎをもつピッチを強制的に平均律の特定の調に合わせたときに出てくる妙な効果
のことです。具体的にどのように行われるかというと、

1. 音源からピッチを取得する (周波数の解析)
2. ピッチを音階の最も近い音(あるいは指定した音)に修正 (ピッチ修正)

という2つのステップです。それぞれ細かいことはありますが、ここでは wikipedia を参照するに留めておきますヾ(*´ー`*)ノ゛
と思ったけど、日本語がないだとΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!! まあ、英語でもいいかヾ(*´ー`*)ノ゛

http://en.wikipedia.org/wiki/Pitch_detection_algorithm
http://en.wikipedia.org/wiki/Audio_timescale-pitch_modification


キモは何かと言いますと、
・ガラガラになる原因は、ピッチ認識が正しく行われていないこと
・そもそも正しく認識されてないピッチから補正しようとしてもうまくいかない

ということです。

ピッチ認識の難しいところは、倍音をその音と誤解してしまわないようにすることです。
2倍音が多めの声だと、所々オクターブ上の音として認識されてしまい、大変なことになります。

この困難を少しだけ緩和する方法があります。
・倍音がピッチの解析を困難にするなら、倍音を小さくしてやればいい
ということです(≧ω≦)b

必要な道具はもちろんイコライザです(≧ω≦)b
ボーカルの基本音(f0)にあたる、200-800Hz (女声の場合) を、イコライザで強調したものをケロケロソフトの入力として与え、その反対のイコライザを出力にかければOKです。(かけすぎると音が劣化するので、ほどほどに。

以下、自分のmixの詳細設定を晒します。

こちらの作品です。



1. マイク・環境に特有の特定周波数ノイズの除去
d1

2. コンプレッサーで音量レベルを平滑化
d2

3. ボーカル音域の強調
d3

4. ケロビーでケロケロ!!! (speed 60 はかなり小さめの設定です。100にすると本当にケロケロします。)
ちなみに、ケロビーについてはこちらを参照のこと。
http://www.g200kg.com/jp/software/kerovee.html
d4

5. 3で上げた歌の領域を元にもどす
d5

6. 飾り用のイコライザ。3kHz周辺の増強で音がちょっとキラキラします。
d6

7. コーラスを入れて音をちょっと機械っぽく。
d7

8. リバーブはこのミックスではかなり強めにかけています。
d8


ここに上がっている図の他にも、思うようなピッチに修正されなかった箇所は手作業で Kerovee に Midi を食わせて補正しています。



もう1つケロケロmixの作品を紹介します。



こちらの作品でも同様に Kerovee の直前にボーカルのf0領域の強調用イコライザをかけました。こちらの歌い手さんは、2倍音が多めに入っていたので、かなり有効に効いた例の一つです。 Kerovee のスピードは96に設定しました。こっちの方がケロケロ!!って感じですね。


以上です。誰かの助けになれば幸いです><
コメントなどいただけると嬉しいです><

ではノシ
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 ジャンル : 音楽

05:58  |  mix  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.13 (Mon)

新曲 Undetermined Repetition うpしました

みなさんこんにちは!
休日を使って曲を一曲書きあげましたヾ(*´ー`*)ノ゛

Undetermined Repetition



変拍子の奇妙な感じの曲です。

拍子は、
11/4, 5/4, 6/4 あたりが出てきます。

テーマ : ニコニコ動画 ジャンル : 音楽

17:39  |  ニコニコ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.09 (Thu)

windows での ffmpeg の使い方 (使い方編)

前回のエントリで紹介した ffmpeg の使い方を解説します。

まずはコマンドプロンプトを開きます。
XPならアクセサリあたりに、7なら検索すれば出てくると思います!

コマンドプロンプトが起動したら ffmpeg があるフォルダまで移動します。

コマンドプロンプトで(>のあとに)
cd フォルダ名
と入れると、そのフォルダに移動できます。
cd ..
とすると一つ上のフォルダに移動できます。Tabを押すとフォルダ名を自動で補完してくれるので便利です。
ffmpegを解凍したフォルダに入ったら、その中の bin というフォルダに移動してください。

次に、変換したい動画ファイルをエクスプローラなどを使って bin の中に放り込みます。
これで準備は完了です。

コマンドプロンプトに戻っていよいよ ffmpeg のコマンドを打ち込みます。

1. 単純に変換(input.avi を output.mp4に)
ffmpeg -i input.avi output.mp4

2. 音声をそのままにして変換
ffmpeg -i input.avi -acodec copy output.mp4

3. 音声も動画もそのままにしてコンテナを変換(変換後のコンテナがコーデックに対応している必要があります)
ffmpeg -i input.avi -acodec copy -vcodec copy output.mp4

4. 動画のサイズを変更(200x150に)
ffmpeg -i input.avi -acodec copy -s 200x150 output.mp4

5. 動画のサイズとフレームレートを変更(200x150、10fpsに)
ffmpeg -i input.avi -acodec copy -s 200x150 -r 10 output.mp4

6. ニコニコワイドサイズのH264形式に変更
(先にここから kero.txt をダウンロードして bin に入れてください。)
ffmpeg -i input.avi -vcodec libx264 -fpre kero.txt -s 640x360 -acodec copy output.mp4

7. ニコニコワイドサイズのH264形式(クオリティ指定)+AACオーディオ(256kbps)
ffmpeg -i input.avi -vcodec libx264 -fpre kero.txt -s 640x360 -qscale 20 -y bufsize 30000k -acodec aac -ab 256K -strict experimental output.mp4

8. オーディオを別のソースから(input1.avi の映像に input2.wav の音を合わせる
ffmpeg -i input1.avi -i input2.wav -vcodec copy -acodec copy output.avi

9. ニコニコなどのmp4の動画の音を差し替えて、更にアップロードできる形式にする。(mp4コンテナ、AACオーディオ) (歌ってみたなど用)
ffmpeg -i input1.mp4 -i input2.wav -vcodec copy -acodec aac -ab 256K -strict experimental output.mp4

お気付きの方も多いと思いますが、各オプションは自由に組み合わせたりとったりできます。
もっと詳しく使い方を知りたい!!という方は、マニュアルを見るか、こちらのサイトへどうぞ。
http://mobilehackerz.jp/archive/wiki/index.php?%BA%C7%BF%B7FFmpeg

FFMPEG USAGE というところにオプションがまとめられています。

これ以上にもっとたくさんの使い方があります。詳細は書ききれませんので割愛しますが、これだけでもかなり作業が楽になり、夢が広がりますね!!!

テーマ : フリーソフト ジャンル : コンピュータ

15:13  |  動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.09 (Thu)

windows での ffmpeg の使い方 (インストール編)

そもそも ffmpeg とは?

・様々な形式に対応した動画のコンバータ
・動画の形式変換のみならず、音声の抽出、動画と音声の合成なども可能
・コマンドラインインターフェイスならではの柔軟さ
・オープンソース(フリーソフト)

という、動画を多く扱う人にまさにうってつけのソフトであります。
コマンド一発で変換できるため、慣れれば非常に効率よく作業ができます。
また、既存の動画を劣化を抑えつつ他の形式に変換するときにも便利です。
歌ってみたなどで、音声のみを差し替えたいときにも重宝します。


詳細な ffmpeg の説明はこちらのページが詳しいです。
http://mobilehackerz.jp/archive/wiki/index.php?%BA%C7%BF%B7FFmpeg


このブログでは現時点での最新版のインストールまでをなるべく簡潔に説明したいと思います。
積極的に開発中のソフトウェアなので、入手方法等は時間と共に変わります。
ここでは、 2011/06/08 現在の情報を書いておきます。

Windows 版のパッケージはこちらのサイトから入手できます。
http://ffmpeg.zeranoe.com/builds/

英語をこわがらずに真ん中あたりまで進み、
64bit環境の人は 64-bit Builds (Static) から、それ以外の人、あるいはよくわからない人は 32-bit Builds (Static) から
(Latest) と書いてあるものを選択します。 (わかる人は Shared でもいいです)

クリックすると 7z 形式のアーカイブがダウンロードできます。

もし 7z 形式の解凍ソフトがなければ、こちらから 7z をダウンロード、インストールされることをお勧めします。
http://sevenzip.sourceforge.jp/download.html


解凍ができたら、解凍したフォルダを適当な場所に置きます。

インストールは以上で終了です。

次回は肝心の使い方です!!
http://mushicore.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

テーマ : フリーソフト ジャンル : コンピュータ

14:04  |  動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.01 (Wed)

環境とか

最初ですので、自分の環境などを晒しておきます。
正直に言って、全部買い替えて出直してこいってレベルだと思います。

・パソコン
Lenovo Thinkpad Edge 13
CPU: Core 2 duo SU7300 1.3GHz
RAM: 4GB
メインのデスクトップが逝ったため、モバイル機でDTMしてます。ちょっと色々するとすぐにへこたれます。

・スピーカ
Bose WaveRadio/CD
モニター用スピーカじゃありません。10年前に買ったものですorz

・ヘッドフォン
Sennheiser eH2270
英語学習用にと、着け心地だけを考慮して8年くらい前に買ったものですorz
やっぱりモニター用じゃありません…。
イヤーパッドがへたってきたので一度買い替えましたが、またへたってきています。

・DAW
REAPER v3.76/x64
$40で、バージョン4台までのアップデート込みで買えます。購入したソフトの中ではボカロの次に高かったです。Audacityからの移行だったので、機能的には不満を感じませんでした。CUBASE, SONARなどと比較すると機能面での不足は多々あるのかもしれません。音源はほとんどついてこないので、別途自分で用意する必要があります。

・ハードウェア音源
Roland Sound Canvas SK-88 Pro
頂き物。古い割には色々な音色を卒なくこなす優れ物。どの音色もさらっとしていてあまり癖がないが、インパクトもないのっぺらぼうな感じ。キーボードもついていて便利。

・ソフトウェア音源
ルカ様: ソフトの中では断トツで高かったです\(^o^)/
Independence Free: Yellow tools 社からのフリーで2GBの音源。ギター、ベース、ドラム等、バンドの基本セットが含まれていてよく使っています。
Magical 8bit Plug: YMCK 作のフリーのチップチューン音源。ピコピコしたいときには必須。楽しいです。
Miroslav Philharmonik CE: クラシック系音源の廉価版。1400円で安売りしてたのをゲット。

・オーディオインターフェイス・ミキサーなど
Behringer社の、$100くらいのpodcast用のセットを買ったら簡単なA/Iとミキサーが入ってました。これで事足りている、というか足らしている、というか…。

・マイク
SHURE SM58
定番マイクと聞いて。$62くらい。配線がおかしかったのか、デフォでは動作せず。分解して上記のBehringerセットの中のマイクと合体、半田付けなどをして動くようにしました。


以上、かな?ふざけた環境ですみませんΣ(´ρ`;)お金ないのΣ(´ρ`;)
15:46  |  環境  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。